FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.9.29運動会

小学校と保育所の運動会を見学した。保育園児(3歳~5歳)22人。小学生55人。1学年平均7人。人口1700人の熊野川町。8年前の合併当時は2000人。年平均40人程度減っている。運動会も人数が少ないのでプログラムの進行がはやい。子供たちは座る暇も無く次々にプログラムをこなしていく。大人が子供を意のままに操る。誰かの指示に従順に従うことがいい事だと刷り込まれていく。誰かの指示に従わない子、従えない子を振り落としていくのが学校教育の役割になっている。その最終仕上げが「就活」だろう。

誰かの指示に従って生きる事が大事なことではないと、多くの若者は気がつき始めている。ではどうすればいいのか模索している。もがいていると言ってもいい。多くの大人という人たちが固く蓋をしてきた問題である。今も蓋をしようとしている。大げさな言い方をすれば、この問題に蓋をしてきたのが人類の歴史でもある。誰かが誰かに指示をして従うことを強制する。強制する手段が、武力であったり、宗教であったり、教育であったり、経済であったり時と場所により変わっているだけである。

自分の生き方は自分で決めたいという欲求が、引きこもりであり、ニートであり、ナリワイに心引かれる若者だろうと思う。自分の人生が自分の意のままにならない、怒り、恨み、悲しみ、虚しさ、寂しさがそうさせているのだろうと思う。それに素直さ優しさが混ざり合うから自分だけではどうすることも出来ない迷路に落ち込んでいく。周囲の無理解がさらに拍車をかけている。

一方で自分は優秀だと勘違いしている若者が、指示する側になろうとしている。自分は一生懸命努力もして勉強もして、公平なルールの元で優秀な成績を取ってきたと言うプライドがある。学校教育の優秀な成績と言う優越感が肝心な人間としての心を曇らせている。

何れにしても子共は大人の鏡である。理屈はいらないだろう。何でもいい。生きていればいい。息をして食べて寝る。是を人生と言う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。