FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田植えは5月18日の予定

3.31
 今年の田植えは例年より2週間遅くした。5月18日を予定している。籾はすでに塩水選をして水に浸けてある。今年はどんな夏になるだろうか。台風はどうか。獣害は、と、色々と気になることが多くなる。田植えが終われば小麦の収穫。今年は小麦の後作にも稲つくりをする。耕作放棄された農地のことを考えると、一年一作でなるべく広い農地を活用したほうがよい。しかし獣害がこれだけ増えてくると狭い面積の方がいい。今年は米と小麦の二毛作に挑戦する。
稲刈りをしてすぐ小麦の種まき。麦刈りをしてすぐ田植え。60年前までは当たり前のことだったが、いつの間にか小麦の栽培が消えてしまった。同時に食糧自給率は下降した。
小麦を自給できれば自給率は一気に上がる。年2回主食が収穫できるので安心感が違ってくる。そんなことは誰でもわかること。解る事とできることは違う。出来ることを積み重ねて生きる。是でいいのだと思う。

 若いころ国内と外国のスラムと言う場所に潜り込んだことがある。その中ではニューヨークが一番怖かった。インドでは妙な安心感があった。カーストのせいだろうか。子供たちが日本人観光客からもらってきた、10円玉や100円玉を両替してやっていた。日本円10円で安い定食が食べられた。お礼に子供たちからチャーイを奢ってもらったりしていた。チャーイは1円だった。嬉しそうに食べている子供たちの笑顔が忘れられない。今自分が畑に立っているのはそのときの経験が大きい。スラムに思いがあるのもそんな経験から来ている。犯罪の匂いのない明るく楽しい、スラムになったらいいと思う。

命がある間は誰でも生きることの出来る社会が望ましい。自殺が年間3万人。異常な事態である。せっかく命がありながら、もったいないと思う。生きることは辛くもある。不安であり不満もある。不信もある。悲しくなる時もある。そんなやり切れない気持ちを受け入れることのできる隙間が、人にも社会にも薄く狭くなってしまった。休んだり立ち止まったりすることが、許されないような気持ちにさせられてしまった。甘えたり依存することがいつの間にか、人間としてダメな評価をされるようになってしまった。人を許せないことが自分の首を絞めることになってしまった。人と人が助け合うことが希薄になってしまった。誰かを責めたり原因を追究してもどうにもならない。弱く愚かな自分を自分で許し、抱きしめることぐらいしか出来ない。何時でも何処でも自分を護って生きる。お金がなくても自分を大事にすることはできる。自分の命は一つしかない。理屈を抜きに一つしかないものは大事にしたほうがいい。

それにしても現在の日本では甘えたい人は一杯いるのに、受け止めてくれる人が不足している。甘えを受け止めてもらったことのない人は、甘えを受け止められない。経験がない事はできないことが多い。初めは甘えて依存する。成長できたら甘えと依存を受け止める。こんな循環でいいと思う。自分も出来る限りは受け止めたいと思い、少しだけ実践しているつもりだが、、、、、。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。