スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10.26 希望の光

  志をもって生きている人との会話は、年齢に関係なく楽しいし有意義な時間が流れる。参考になることも、反省材料もある。相手が若い人であれば応援したくなる。

  18歳の女子大生の訪問があり、話を聞く機会があった。先日ノーベル平和賞を受賞した17歳の少女のことを思い出しながら聞き入っていた。時代は確実に新しい価値観を求めている。21世紀の新しい芽吹きが始まっている。20世紀を生きてきたものとして、21世紀を生きるランナーに、内容のあるバトンタッチをしたいものだと思う。出来ることならば若い人たちの志が、実現できるようにサポートをしたいものである。

  人間の志はもろいものである。昔から百姓は1にたね、2に土、3につくりと心得自然と向き合ってきた。自分も未熟ながらそんな思いで農業をしている。
志を育てるのも同じことだと思っている。いい環境とよき人との出会い。その人にとって最良の出会いがありますようにと祈るばかりである。10代の時に芽生えた純粋な思いを貫き通したらすばらしいと思う。そんな人が増えてきたら21世紀には生きやすい社会が実現されるだろう。若者の志に希望の光がある。

スポンサーサイト

10.24 信じて生きる

   人生とは朝露の如し。人の心も秋の空。だからこそ一時を大事に生きたいと心構えだけはしているつもりだが、、、、。生きていれば色々な事態に遭遇する。喜怒哀楽が交差する。交通整理を間違えると衝突がおきる。自分が思ってもいない方向から、想像だにしていかったことが飛んでくることがある。老いても心の動揺はある。老いたからこその事情も生まれてくる。ということはこの世にいる限り心の動揺と付き合うことになる。

  心の動揺は自分自身の中から生まれてくることもある。外から飛び込んでくることもある。ある程度予測できることもあり、そうでないこともある。何れにせよ動揺するのは自分の心。外だけに原因を求めると、自分ではどうすることもできなくなる。自分の出来ることと、自分ではどうすることも出来ないことが交錯する。理性だけでは整理しきれない。感情だけでも、知識と経験を駆使しても治まらないことがある。時間という助け舟にすがっても容易なことではない。救いは、人間は同時に2つのことを考えることはできない。自分は一つのことに意識を集中して、動揺の治まることを待つようにすることが多い。時間がかかることもある。他人との関係では、自分はよくても他人に傷を負わせることも多々ある。他人に軸をおきすぎると、対人恐怖症になってしまう。生きる世界が狭くなってしまう。

  自分の原点を確認し、それに従う。不本意だが回りに迷惑をかけてしまうことも多くある。一つのことに偏りすぎると自分を見失うことになる。承知した上でこの程度でゴメンと生きているつもりだが。でも他人に対しては厳しく責めている。なぜ他人を責めたり批判をするのか。自己防衛と自己正当化が微妙に混ざり合って怒りに変化するのか。他人を責めなくなったら、いつか風の吹くままに、生きることができるようになるだろうか。そう信じて生きる。

10.22 月が沈む時

  女性閣僚が2人辞任した。国会の中でこの程度の問題で、紛糾するのが情けないと多くの国民は思っているだろう。女性閣僚として攻撃され、説明責任も果たさずうろたえていた女性議員が、今度は鬼の首をとったかのように攻撃する。これを茶番と言わずなんというのだろう。目くそ鼻くそを笑う。個人ならば勝手にどうぞ、ですむことだが国会と言う国家権力を行使する場で、公的な資金を潤沢に使ってこんなことでは、納税者としてはたまらない。国民にとって大事な政治が遠くにいってしまう。

  これは国会だけの問題ではない。日本全国どこでも起きていることでもある。
真剣に学び、議論し討論しお互いが理解を深めることをしながら、課題を解決していくことを拒否して来た、民族の歴史でもある。肝心なことを見失い、現在進行形で地方社会は崩壊しようとしている。自分は崩壊していく地方の、さらに地方の限界集落に住んでいる。今まさに集落が消滅しようとしている。何れ月は沈む。太陽が出る為には月が沈まなければならない。月が沈みかけているけれど、未だ太陽が出て来ない。一番の暗闇の中にいる。20世紀までの考え方価値観ではなく、21世紀にふさわしい生き方を創造出来るチャンスの中にいる。自分の出来ることは一滴の水にも満たないことは自覚している。でも消滅していく集落の中で畑を耕している。自分に出来ること、自分の務めだと自覚している。お金にはならない。ただ働き。経済活動を中心とした生き方は、20世紀で終わりだと思っている。高額なお金をかけ、高額な収入のある議員先生方は、茶番を演じている。もういいかげんに沈んでもらいたい。

21世紀を生きる若くて優秀な人材が求められている。若者の奮起を期待しながら、自分も命ある間は自分の務めを果たすよう奮起する。今こそ一人ひとりが目を覚まし、疑問を持ち奮起するときだと思う。答えの解っていることを理解し記憶する、そんな学校教育は20世紀の産物だと思う。誰かに答えを教えられるのではなく、自らの意志で学び、行動し、責任を負う。反省し過ちを改めていく勇気と行動力のある人材が求められている。誰かいないか。誰かの中に私も含まれている。

10.18  自我を育てる


  自分も60代後半を迎えた。おかげさまで元気に生きている。加齢と共にそれなりに心身ともに変化はしている。衰えなのか、成熟なのか。
 
ふりかえってみれば、我が人生は人さまからは、常に評価の外にあった。変わった人、変なやつ。この言葉で片付けられてきた。世間の常識からは、はみ出していた。いつの間にか評価されないことには慣れてしまった。その分自分なりの生き方が、出来てきたように思う。他人との比較ではなく、自分なりに考えてみてのことである。何時ごろからか他人と考え方生き方が違っても、何の問題もないことを自覚できるようになった。

  人間はいつごろから賃金労働をすることを、前提として生きるようになったのだろうか。自分は成長段階で働くことは、賃金労働と同意語という認識を持つようになっていた。生きるためにはお金を稼がなければならない。家業を継ぐか、どこかに就職をしなければならない。そのことを前提として学校に通っていた。では何の為に学ぶのか、働くのか、生きるのか疑問が自分の中に生まれてきた。誰かから教えられたわけではない。むしろそんなことは考えることではないと諭された。まわりから諭されて批判されても、どうすることも出来なかった。ただ自分の中の疑問に対する答えが欲しかった。どうすれば答えが得られるのか解らなかった。教えてくれる人も周りにはいなかった。自分で試行錯誤しながら悶々としながら生きるしかなかった。自分では必死だったし真剣だった。まわりからは変なやつ、仕事嫌いなやつ、根性のないやつとしか見られなかった。自分では今度こそと色々なことに挑戦してみた。今となればそんな経験が、自分の肥やしになっているように思う。そんな経験の積み重ねの、なれの果てが今の自分の生き様である。

  何のために生きるのか。未だに考え模索している。今は何のためにと言うこともなく、ただ生きることでいいと思っている。

  何時の時代でも悩みや苦しみは尽きない。自分にとって逆境と考える環境をバネに生きるか、自分を傷つけながら生きるのか。どちらを選択してもいいと思う。前を見たり横を見たり後ろを見たりしながら、うろうろしながらでも生きていればいいのだと思う。賃金労働をしなくても生きる環境があるならば、無理に賃金労働をしなくてもいいと思う。皆が同じように経済活動や賃金労働や社会的な活動、文化的なものに邁進しなくてもいいだろう。

義務教育という枠にはめられ、労働と納税の義務を背負わされて生きる。それに逆らうものは認めないし許さない。許さないだけでは飽き足らず、二重三重のプレシャーをかける。その恐怖の中で右往左往する。被害者側になりたくないから、加害者側になりたいと言う心理に追い込まれる。勝ち組負け組みなどという、おかしなことが生まれてくる。義務教育という環境の中で、皆等しく鍛えられてしまう。朱に交われば赤くなる。教育は大事なことである。教育により生き方が決まる。今の現実社会は正に教育の成果である。国家が国民を教育する。国家が選抜した教師が、国家が検定した教科書をもとに教育する。国が決めた教育基本法という枠からはみ出すことを、許さない仕組みが見事に完成している。教育の自由とはいいながら、巧妙に鋳型にはめられていく。生まれたときから未だ判断力のつかないうちの、成長段階で一度固まった鋳型を外すのは容易なことではない。強固な意志と長い時間がかかる。国家と何なのか。何のために存在するのか。国民の生命財産を守るといいながら、愚にもつかない政策を施行し散財を繰り返す。時には戦場にかりだす。国のために生命財産を投げ出すことを強制する。多くの国民市民は不安の中で生活している。教育制度の問題ではなく、教育内容を考え直す時期に来ていると思う。一人ひとりが自分に向き合い、自我を自覚したほうがいいと思う。その後に自分なりの生き方がついてくる。最初に集団があり、集団の規則で生きるのではなく、最初に自分があり、自分の考えで生き、結果として周りの人との関係が生まれてくる。集団とはその程度の関係性でいいのだと思う。要はバランスのとり方である。バランスは自分のことが自覚できなければ、自分で取ることは出来ない。自分で取る事が出来ないから、まわりに合わせる事しか出来ないことになる。自分に出来ないから、まわりも同じようにすることを求める。『皆が』ということで片付けてしまう。安易な生き方になる。日本人の多くの人の主語は『皆』であり、『私』と自覚している人がどれほどいるだろうか。自分勝手なひとは確実に増えてはいる。私を自覚することと、自分勝手とは違う。

我が子も現在5歳。余計な鋳型をはめずに、自由な生き方が選択できるようにと思い接している。答えは彼の中にある。自我が育つような環境を整えることが、親としての務めだと心構えはしている。もうすぐ学齢に達する。自分の心に従い子どもと接する。子どもは子どもなりに学び育っていくだろう。自我は育つもの。そう信じている。子どもを信じる。親として出来ることは、その程度のことしか出来ない。

10.15 お互い様

  新宮市と姉妹都市のアメリカのサンタクルーズ市の市長を含め6人の訪問があった。なんでも市長が有機農業に興味があるということで、その話題が中心であった。サンタクルーズ市で上手く機能しているファーマーズマーケットの話はとても参考になった。大学の有機農業の研究が大きな推進力となり、農業者が自主的に運営して、ビジネスとして成功しているという話だった。行政は場所を貸しているだけだそうだ。ビジネスとして成功していることで、更に多くの人たちの参加があり広がっていく。いかにもアメリカ的な話だと思った。きっかけは大地震で商店街が壊滅的な被害を受け、3年間立ち入り禁止になり、このままではゴーストタウンになるという危機感から始まったそうだ。大学、商店街、農業者、市民団体、行政と市民の連帯をまとめた優れたリーダーの存在があったのだと思う。

  共育学舎のことも説明したが、ルールもなく無償で滞在者を受け入れることには、どうしても理解が出来なかったようだ。最初にルールがあり、ルールを守ることの出来る人だけを、受け入れる前提のある彼らは頭をかしげていた。

ルールもなく無償で、どうして運営できるのか議論したかったが、言葉の壁もあり出来なかった。無償とはボランティアでもなければ、慈善でもない。宗教的な行為でもない。人道的ということでもない。理屈はいらない。ただ生きること。自分が生きていること。命有るものが一緒に生きること。命有るものは依存しなければ生きていけない。依存することは依存を受け入れること。お互い様と思えたらそれでいい。出来ることはするが、出来ないことはお願いする。お互いに限界がある。
   自分の限界を自覚して生きる。自分の出来ることを自覚して生きる。ただそれだけのこと。無償で出来ることは無償でする。有償でできることは有償でする。さじ加減は自分の決めること。そこに生きている醍醐味もあるし、苦悩もある。でもそんな思いこそ余計なこと。屁理屈。やはり理屈はいらない。ただ生きていればいい。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。